2013年04月25日

コピーライターという職業

「プール、冷えてます。」


などの数々のコピーをひっさげた、
大貫卓也さんは有名ですよね。

商品やサービスのキャッチコピーなどを考える。
それがコピーライターというお仕事です。

ワンフレーズ何十万、何百万の世界でもあり、
文筆業の中では非常に特殊な部類に入るお仕事でしょう。


たったの一言に、一日を費やしたり、
フレーズを入れ替えたり、表現を変えて、
より多くの人にその商品が持つ魅力を伝える。

この辺の特殊なセンスが必要とされるために、
コピーライターを育成する学校などはほとんど存在しないようです。

コピーを人から学んだりするよりも、
まずはいいコピーを自分で探し、
表現力を高め、自分の感度を上げたほうが役に立ちますね。


インターネットでのコピーライティングは
他の広告媒体とは異なります。

検索エンジンから来た人が、

 ・何を求め
 ・何を感じ
 ・何を欲しているのか


商品の特徴や売りなどを職説的に書いた方が
見てもらえる確率は高いと言えます。

常に人の気持ちを考え、
最大公約数の人たちの感情を揺さぶってあげること。

小手先のコピーライティングではなく、
長く使えるコピー能力を、勉強してくださいね。



▼:稼ぐためのコピーを、使いたいならこれで決まりです。


 >> 
吉田式コピーマスタースクールYCMS
posted by リョウ at 14:24| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。