2013年05月22日

商品に興味をもってもらうこと

文章を書こう、文章を書かないと…
と、思いこむ必要ってないんです。

自分がそのサービスを使って思ったこと、
自分がその商品を買って、素直に感じたこと。


初めはつたなく、あまり多数の人には
伝わらないかもしれません。

商品に興味を持ってもらうために、書くよりも
あなたがなぜ、その商品を手にしようと思ったのか?

未購入者はそこを知りたいわけです。

メディアを見ている人は、ほとんどの場合
広告を見ようとしているわけではありません。


商品の特徴なり、セールスポイントを、
つらつらと長く書くよりも、
読み手のたった一つの好奇心を刺激してあげること。

それだけで数人以上の人には、
必ず何かは伝わっていきます。


検索エンジンから来た人は、

「どういう想いで、このキーワードを打ちこんだのか?」


 ・年代は? 性別は?
 ・どのページを真剣に読んだのか?
 ・購入せずに帰った理由はなんだったのか?


そういった部分を少しずつ考えて、
コピーと商品を上手に組み合わせていくといいですね。



▼:コピーを売上に直結させるテクニックを使えると…


  >>
吉田式コピーマスタースクールYCMS


posted by リョウ at 08:42| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。