2016年12月27日

売上を高める文章術

どうしてコピーに興味を持つのか?

を、紐解けばやはり売上アップにつながっていきます。


「これがいいです」
「この商品は絶対に買いですね」
「購入して間違いのないものです」


といった陳腐な宣伝をいくらしても、
読み手は「だからなによ!」と思ってしまいます。

感情をいかにおさえて、
お客に向けて、イヤラシサなく書けるか。


「一人のお客に向けて、ラブレターを書いてみる」



広めに設定した絞られたターゲットであれば、
その人が何を望んで、どういう想いで
その商品を購入しようとしているのか?

を、考えたうえで書くだけでも、
伝わらない文章からは、いくぶん進歩します。


人に購入をせまるよりも、
読み手が思わず読んでしまうような、
ちょっと感情を刺激するラブレターを照れずに最後まで書く。


それが結果として、その言葉の断片が
ゆっくりと伝染していくように、広がっていくんです。


人は文章で感情が動くんです。

本を読んで笑ったり泣いたりしたこと、ありますよね?



▼:稼ぎながら感情を高めるワザはこれで身につきます。


  >> 
吉田式コピーマスタースクールYCMS



posted by リョウ at 13:22| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。