2017年01月17日

コピーライティングは一行のCM

コピーライティングと言葉だけを見ていけば、
なんだかとても難しいもののように聞こえます。

でも普段私たちが生活しているときでも、
無意識のうちにコピーに接していることは多いんですよ?


「旭化成 イヒっ」


なんてのは、私は今でも記憶に残っています。

電車の中とかでも、見たことある人は多いのでは?


こういったフレーズは、
特にセールスレターやメルマガのタイトルを、
考えるときにとても役に立ちます。


「自分が興味のあるジャンルから、コピーをゆっくり見てみる」


これだけでも、以前の自分とは違った目で、
素直な気持ちで広告を、コピーを眺められるようになります。


タワーレコードの広告、

「NO MUSIC, NO LIFE.」も好きですね。


音楽好きの人はこれを見て、
タワレコに入店し、視聴し、アルバムを購入した人が、
私以外にも多くいると思うんです。


こんなコピーライティングですが、

記憶に残るコピーとそうじゃないコピーには
どんな違いがあるのでしょうか?



▼:アフィリエイトに使えるコピーはここでしか学べません。


 >> 
吉田式コピーマスタースクールYCMS


posted by リョウ at 12:23| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。